2017年11月の記事

3年親子集会・・・まめしとぎづくり

 今日は、3年生が親子で豆しとぎを作っていました。3名の担任が、エプロン・三角巾を身に付けていたので、お母さん方の中から、なかなか探せませんでした。子どもたちもにこにこ、お母さん方も楽しそうに子どもたちを見守っていました。


2017/11/30 11:00 | この記事のURLPTA

4年親子集会・・・クリスマスリースづくり

 29日、4年生は親子でクリスマスリースづくりを行いました。手作りのリースで今年のクリスマスは楽しんでほしいですね。いつもよりサンタさんが張り切ってプレゼントを運んでくるでしょう。


2017/11/30 10:50 | この記事のURLPTA

5年親子集会・・・科学実験と星、宇宙のお話

 20日、5年生は、八戸高専の先生をお招きし、親子で面白い実験をしたり、宇宙の話を聞いたりする親子集会を行いました。


2017/11/30 10:50 | この記事のURLPTA

オリンピックを題材にした授業・・・エンブレム編

 エンブレムの市松模様を使った算数の勉強もあります。マスコット投票を紹介する全校朝会で、少し扱ってみたいと考えています。


2017/11/28 13:10 | この記事のURLおしらせ

東京2020大会マスコット投票・・・本校16学級での参加を

 2020年の東京オリンピックの大会マスコットが、多数の応募の中から、3つに絞り込まれたそうです。最終決定は、日本中の小学生にゆだねられました。投票登録した小学校で、学級単位で1票の投票権が与えられます。本校は16学級、16票分です。12月11日から投票が開始されます。それまでには、3つのマスコットも発表されるでしょう。全国の小学生に決定権があることは、素晴らしいことですね。子どもたちの良い思い出になると思います。日本で開催されるオリンピックが、少し身近なものに感じることができるでしょう。
 詳細は、12月の全校朝会で説明します。


2017/11/28 13:00 | この記事のURLおしらせ

下校時の様子・・・児童館等への引率対応

 メール配信でもお知らせしましたが、低学年児童の下校時間帯には、地域の方々にも協力いただき、立哨指導に立っていただきました。本校職員もオレンジのジャンパーを着て、児童館利用児童を引率しました。同じ方向へ帰る児童同士、集団で下校していたようです。数名、ポツンと一人で帰る子がいたので、注意喚起の声がけをしました。
 


2017/11/27 16:00 | この記事のURL安全・安心

JS授業見学会・・・小中野中学校訪問

 5校時に6年生が小中野中学校を訪問し、授業参観してきました。6班に分かれての参観でした。体育館では、1年生の総合的な学習のグループ発表会でした。セメント工場のこと、えんぶりのこと等、それぞれのテーマ毎にスライドを使って説明してもらいました。数学の授業では、合同の勉強でした。合同の記号や対応する頂点や辺について学びました。熱心にメモを取りながら参観していました。特に、えんぶりや虎舞を中学校で取り組んでいることを知り、思いを強くしたことでしょう。来年度、取り組むのですから。
 中学進学を控え、心構えにつながる貴重な見学会となりました。


2017/11/27 15:50 | この記事のURLJS

今朝、諏訪方面・・・立哨指導

 今朝の諏訪方面の登校の様子です。結構な人数が教育センター方面から登校していました。皆元気にあいさつしてくれました。なぜ?と質問されたので、「○年生の様子が知りたくて」とか「野球部やバスケット部員の歩き方をチェックに来たよ」などと会話をしながら登校を見守りました。今朝の登校時が心配な保護者も数名おられ、途中までお子さんと一緒に歩いてくださいました。ありがとうございます。
 横断歩道の前、凍っていたので、これからの登下校は十分注意して歩きましょう。暖かい帽子や手袋も準備ください。両手は使える状態でないと転んだとき困ります。


2017/11/27 15:40 | この記事のURL安全・安心

タブレットのよさ・・・グループの結果を把握

 研究指定校には、授業にタブレットを活用している学校もありました。質疑応答では、どの教科のどの場面で、どのように活用すると効果があるのかについて検討していく必要性があることが指摘されていました。
 公開授業で、道徳の授業においてグループの話し合いをまとめるのにタブレットを使っていました。最初タブレットを使わなくても、用紙に書いたり、ホワイトボードに書いたり、各自が書いたノートを書画カメラで投影したりすればよいと考えていました。タブレットに書いたグループのものが、大型TVに6班の考えが表れました。授業者は、各班のやり取りをメモしながら机間指導をしていました。班員のやり取りを中心に聞いて歩くと、個々の班のまとめがよくわからなくなります。そんな時、大型TVに映し出されえた6班の考えを見て、どの班から発表させ、どれとどれを関連付けさせ、どれをもっと深めていくか等を考えることができます。瞬時に授業者が判断できることが、タブレットのよさです。紙媒体等の単体ではできない、ICTのよさが存分に表れた場面でした。本校でも実践していきたいと思います。


2017/11/24 15:50 | この記事のURL授業改善実践研究校

学力向上フォーラム・フェスタ2017・・・県総合学校教育センターで開催

 あおもり教育フェスタ2017が、11月24日・25日と二日間開催されます。1日目は、学力向上フォーラムとして、『新しい時代を主体的に切り拓く小・中学生育成支援事業』の指定を受けた県内6校が、成果を発表し合いました。本校を含め3校が、今年度は研究成果発表という形で参加しまし、11月までの取組の様子と成果と課題について説明してきました。参会者からは、児童の発表・伝え合う段階において工夫・配慮していること、講じた手立て等についての質問が寄せられ、11月1日の公開研究発表会において、早稲田大学の藤井教授より指導・助言いただいた内容を少し披露させていただくことができました。詳細は今後作成していく研究のまとめをご覧ください。
 残りの3校は、教育センターに児童を引率し、センターの講義室での授業公開を行い、授業を通して、各校の取組の重点や授業改善の手立てを紹介していました。授業に関する協議会は時間的に設定が難しいので、参観者が授業の感想を付箋に書き出し、拡大した指導案に添付する形式をとっていました。付箋を読み合うだけでも、参考になります。例えば、道徳の授業での教師の発問、意図的に児童の思いと反対なことを述べ、葛藤場面を引き出そうとしていたこと等、大変参考になりました。
 30年度は、本校児童を青森へ引率、授業公開となります。
 その他、研究の発表、山梨県の実践事例等、勉強になりました。


2017/11/24 15:30 | この記事のURL授業改善実践研究校
31件中 1~10件目 1 | 2 | 3 | 4  次へ>>