授業改善

校内研究授業 3年「姿を変える大豆」


研究主題「自ら考え 共に学び合う力を育てる学習指導のあり方」

今回は、3年生の説明的な文章教材「姿を変える大豆」について研究授業と研究協議会を行いました。

グループで話し合う場面を設定し、子どもが自ら考えることができるように工夫しました。



2017/12/20 09:50 | この記事のURL校内研修 授業改善

研究授業 5年体育

本校を会場に、八戸市小学校教育研究会研究協議会が行われ、
5年生の体育の授業を公開しました。
<授業内容>
 単元名  ネットボール
 本時の目標
  ・・・・パスをつないでシュートするために、ゲームフリーズや友だちのアドバイスをもとに、ゲームの状況をみて空いている場所に移動することができるようにする。

授業のあと、参加者全員で研究協議を行いました。








 


2017/10/26 09:50 | この記事のURL児童の様子 授業改善

研究会授業 1年学級活動

八戸市小学校教育研究会 特別活動教育部会の研究授業が本校で行われました。
1年生担任の大島先生が授業を行いました。
本校の1年生は、活発に意見を述べて、お楽しみ会の内容を決めることができました。



















2017/10/10 13:00 | この記事のURL学習の様子 児童の様子 授業風景 授業改善

5年生 校内研究授業

5年 国語「すぐれた表現に着目して、物語の魅力を伝え合おう」
         ~大造じいさんとガン~

付せんに書いた自分の考えをグループで共有し、共通点、相違点をみつけて発表する活動を行いました。











2017/09/14 11:00 | この記事のURL校内研修 授業風景 授業改善

TTの新しい役割・・・分析、改善、次年度へつなげる

 算数TT、理科支援員、スタディーサポーター2名、情報アドバイザー、ALT、ボランティア等、担任以外にたくさんの先生方が学習支援及びTT指導にあたっています。
 算数TTは、担任とともに役割分担を決め、学級の指導にあたります。個別の支援が多いでしょう。時には、主となり授業を進め、担任が机間指導を進めることもあります。二人で進める二進型の授業も時にはあります。
 さらに、最近では、授業改善のための一つの手立てとして、様々な学力状況調査の分析とその対応について関わることがあります。
 例えば、理科の分析をしました。課題となる内容がわかりました。その学年で復習して終わりでは、次年度も同じ課題となってきます。そこで、分析した結果を残すことが必要です。
教科書に付箋をはり、何が課題が簡単にメモします。次に、年間指導計画にもメモします。
この手立ては、次年度に生きてきます。重要なことは、今の学習です。5年の課題は、4年の授業内容です。今が大事です。
 そこで、TTの出番です。TTが担任へ、「この単元のここが、5年で課題となっています。」と伝えます。担任は、課題となるところを意識して授業します。用語もしっかり押さえます。定着するまで小テストを繰り返します。
 算数以外では、理科支援員の先生もかなり意識して実験をしています。このように、わかった、できたを実感させた授業の継続が、次年度へつながります。
画像画像
画像

2013/09/21 16:20 | この記事のURL授業改善
5件中 1~5件目