南郷小学校のブログ

総合的な学習

4年生そば打ち体験

12月10日(金),4年生が山の楽校で,「そば打ち」体験をしてきました。4年生の「そばづくり」では,7月15日に種蒔き,9月28日に刈り取り,10月28日に脱穀と,これまで「そば」の栽培から収穫までを一通り順番に体験してきました。そしてこの日は自分たちで育てたそばを打って,実際に食べるという「最後のお楽しみ」の体験学習となりました。

 
「よろしくお願いします。」と元気にあいさつをした後,そば打ち名人の山の楽校の校長先生からお手本を見せてもらいました。上手な人がやっているととても簡単そうに見えちゃいますが,子どもたちはちゃんとそばを完成させることができるのでしょうか?

 
最初に「こね鉢」にそば粉を投入。「コップの3分の2くらいの水を回しかけて,指の腹を使ってそば粉全体に水が行き渡るように混ぜ合わせましょう。」

 
 
そば粉をこねてこねて…お団子状にしたら,次に,のし板に打ち粉をして,厚さ1㎝くらいの円盤状になるよう麺棒を使って少しずつ押し広げていきます。直径が25㎝くらいになるまで繰り返したら,さらに,麺棒に巻きながら少しずつのばします。すると,あら不思議…丸かったはずのそばが,いつのまにか四角になっていました。なんとなく麺職人の風格が感じられる子が何人か…。

 
次は麺切り包丁でそばを切ります。立ちひざの姿勢で上からまっすぐ包丁を押します。包丁をちょっぴり傾けて駒板を2㎜ほどずらして…。目標は太さ2㎜のおそばです。さあ,うまくできるかな?

 
茹で上がるのを今か今かと待ち遠しそうにしていた子どもたちは,そばが目の前に出てくると目を輝かせながら順番を待っていました。もちろん食べるおそばは自分たちのチームで打ったそばです。

 
「いっただっきま~す♡」「おそばサイコ~♡」…あちらこちらから笑顔があふれていました。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の,一番おいしいそばの食べ方だもん,そりゃあおいしいよねぇ。ましてや自分たちで一から作ったおそばとなると,これ以上ないお味でしょう !!
「おかわりはないんですか?」「もっと食べたいです!」の声があちらこちらから聞こえてきます。さっき給食を食べてきたばかりなのに…。とっても残念だけど,今日は1人1杯で「ゴメンナサイ」です。
食べ終わった人から石臼を使ったそば挽きを体験しました。ゴロゴロと石臼を回すと,横から挽かれたそば粉が出てきました。ついつい力がスピードが速くなってしまうけど,石臼はゆっくり回すんだよ。

山の楽校のみなさん,今日まで最高に楽しく学習することができました。南郷小学校の校章にもなっている「そば」について,数々の貴重な体験学習をお世話くださり,本当にありがとうございました。


2021/12/16 08:30 | この記事のURL総合的な学習

5年生・米の脱穀

11月1日(月),5年生が旧中野小学校グラウンドで,先月の4日に稲刈りを行った「もち米」の脱穀作業を行いました。

  
「千歯扱き」「足踏み式脱穀機」そしてエンジン付の「脱穀機」を保護者や地域の方々からお借りして,3つの方法での脱穀作業体験となりました。まずはお手本を見たり,作業のやり方を教えてもらったり…けがをしないよう注意点を確認しました。

 
 
 
こちらは「足踏み脱穀機」。みんな上手に足で踏んで作業していましたが,稲(お米)の粒が思うように茎から離れず,きれいに脱穀するのがなかなか大変そうでした。

 
 
 
こちらは「千歯こき」。歯の間に稲の束を引っかけて,一生懸命引っ張りました。いっぺんに稲の束から全部脱穀できるととても気持ちがよくて,子どもたちは「超スッキリ~ !!!! 気持ちいい~♡」と笑顔を見せていました。

 
足踏み脱穀機や千歯こきで稲わらから切り離した籾は,細かい籾殻や稲わら,未成熟の米を取り除くため,4人一組で米を入れたざるをふるう作業しました。子どもたちは「パラパラのチャーハンみたいだ!」と大喜びでした。写真では上手に作業しているようですが,実はたくさんの米をブルーシートにこぼしていました。

 
最後はディーゼルエンジンで動く農業機械の脱穀機です。刈り取った稲を送り込むだけで,あっという間にきれいに脱穀してくれます。ただし,中には間近で大きなエンジン音のする機械に少し顔が引きつっている子もいたようです。

 
最後は感想発表と記念写真。

たくさんの保護者の方々,地域の方々の御協力をいただき,予定より30分ほど早めに作業を終えることができました。みなさんの御協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
2021/11/04 09:30 | この記事のURL総合的な学習

4年生そばの脱穀

10月28日(木),4年生が「そば」の脱穀作業をを行いました。9月28日に刈り取った「そば」を島立てして自然乾燥させることちょうど1ヶ月,今回も「山の楽校」の先生にご指導していただきながら,脱穀作業を体験しました。

 
 
挨拶を終えたらまずは駐車場にブルーシートを敷き,乾燥させておいた「そば」を運び込みます。山の楽校の「そばの師匠」が「まどり」という木の枝をY字型に加工した道具を使って,お手本を見せてくれました。

 
 
「まどり」を使って「そば」の束を叩くと,「そばの実」がポロポロととても簡単に取れてきます。あまりにも楽しくて,ついつい手に力が入ってしまい,手にまめができそうです。筋肉痛になりそう~という声も,どこからか聞こえてきました。

 
 
調子よく「まどり」でバンバンそばを叩き,「こんなにとれた~ !! 」と,今年のそばの豊作を喜んでいると,突然のにわか雨。とりあえず大急ぎで体育館へ一時避難。普段はのんびり屋さんのあの子やこの子が,あっという間にブルーシートをまるめて避難完了…こんなに素早く行動できるじゃん !!!! 

 
ほどなく雨もやんで,作業再開。とれた実を集め,「ふるい」にかけてゴミを取り除きます。2人で息を合わせて「み~ぎ,ひだり…。」協力し合うって大切だね♡

 
 
続いて「唐箕(とうみ)」という機械でそば実の選別です。ハンドルをぐるぐる回して,風で軽い殻や未成熟な実を吹き飛ばします。しっかり成熟した実だけを集めると大きな駕籠で10個以上にもなりました。収穫できた実は校内に運んで,もう一度乾燥させるそうです。乾燥後は「そば振興センター」に運び,殻を取っていただくことになっています。大変な作業の部分は地域の方々に全面的にバックアップしていただいています。

そして,いよいよ次回は山の楽校におじゃまして,石臼でそばの実をひいて,打って,食べま~す。おいしいそばが食べられる日が今から待ち遠しいですね。たくさんの保護者の方々,地域の方々の御協力をいただき,今年度も無事収穫できました。みなさんの御協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
2021/11/01 15:40 | この記事のURL総合的な学習

全校遠足3

10月8日(金)は全校遠足でした。当初は不習岳へのハイキングを予定していたのですが,残念ながらお天気に恵まれず,バスで市内の施設に行き,見学・体験活動を行うことになりました。

 
5年生と6年生は是川縄文館に行ってきました。6年担任が,子どもたちが興味を持ちながら楽しんでクイズラリー形式で見学できるようプリントを作成したことで,子どもたちは写真のものがどこにあるか,名前は何というのか,頭や体がどうなっているのか等,館内を真剣に探し回っていました。

 
ルール上相談せずに探そうということになっていたようですが,ついつい聞いちゃいたくなるようですね。「ねえねえ,これ見つけた?」「あ~,それ,あの辺にあったよ。」

 
「イヤリングやネックレス,ブレスレットまであるなんてびっくり !! 縄文人もけっこうおしゃれだったんだね。」

 
「赤いウルシを塗った土器があるなんて驚いた。」「飾りや色,模様にも,いろいろこだわって作ったりしていたのかなあ?」

 
「こっちは弓にウルシが塗ってあるよ。」「この弓で狩りをしていたのか…ぼくもやってみたいなあ。」等々,子どもたちはたくさんの驚きと感想を持ちながら見学を楽しんでいました。

 
5・6年生は是川縄文館の看板の前で、記念写真を撮りました。短い時間での見学となりましたが,子どもたちにとっては,とても貴重な体験となったようです。
2021/10/14 11:40 | この記事のURL学校行事 総合的な学習
69件中 1~4件目 1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>>