南郷小学校のブログ

学校ボランティア

読み聞かせボランティア

7月5日(火)に,読み聞かせボランティアさんによる、今年度第1回目の「朝の読み聞かせ」を行いました。今回は2人のボランティアさんと2人のコーディネーターさんにお越しいただき,2・4・6年生に「絵本の読み聞かせ」をしていただきました。


2年生は「じごくめぐり」という紙芝居を,立派な幕付きの紙芝居舞台を使って読んでいただきました。わざわざ南郷図書館からお借りしたものだそうです。

 
4年生は「字のないはがき」というお話を,実物投影機を使い,ディスプレイの画面に絵本を大きく映し出して読み聞かせをしていただきました。

 
6年生も実物投影機で絵本を大きく映し出し,「西行ー鼓ヶ滝」というお話を聞かせていただきました。 
 
10分ほどの短い時間での活動でしたが,絵本を読んでもらうことがとても楽しいようで,いつもはにぎやかな子どもたちも、この時ばかりは真剣な表情でお話に聞き入っていました。事前の準備や練習を重ねて子どもたちに絵本を読み聞かせてくださったボランティアの皆さんに、感謝申し上げます。ありがとうございました。
2022/07/05 12:00 | この記事のURL学校ボランティア

南郷図書館読み聞かせ②

11月18日(木),新型コロナウィルス感染症の影響で7月と9月がお休みになってしまった南郷図書館の職員による読み聞かせが再開されました。今回は2名の方にお越しいただき,子どもたちの昼休みの時間に合わせて,読み聞かせと本の紹介をしていただきました。会場の多目的ホールには,低学年から高学年までの子どもたちと先生方,今回もおよそ60人ほどが集まり,読み聞かせを楽しみました。

 
 
今回は「昆虫」がテーマでした。読み聞かせてくれた本は「スイッチョねこ」。秋の夜長に響いてくるきれいな声の虫たち…。その虫を思わず飲み込んでしまった子猫…おなかの中で虫が鳴き始めます。さあ大変…どうしよう。というお話でした。

 
図書館の本の紹介では,今回は「なぜ?どうして?昆虫図鑑」「昆虫食」「かがやく昆虫のひみつ」「食べられる昆虫」「昆虫の体重測定」の5冊の本を紹介してくれました。最近話題の昆虫食や昆虫の不思議な生態などを取り上げた本です。

 


紹介された本に,今回は2年生が食いつきました。普段から休み時間になると外に飛び出し,ビオトープの周りや「みどりの広場」「親子農園」などで虫採りを続けてきた低学年の子どもたちですので,昆虫と聞いただけで興味津々,すぐに紹介していただいた本に群がってきました。そして,休み時間終了のチャイムが鳴るまで「昆虫談義」に花を咲かせていました。

南郷図書館の読み聞かせは,12月と2月のあと2回。この次はどんなお話が聞けるのか楽しみです。また,今月の30日(火)には図書委員会の4~6年生が,1,2,3年生の教室におじゃまして読み聞かせを行う予定になっています。さらに,読み聞かせボランティアの方々からも,12月上旬に読み聞かせをしていただくことになっています。本が大好きな子どもたちがますます増えそうで,とってもうれしく思います。ご協力いただくみなさんに感謝申し上げます。
2021/11/22 08:30 | この記事のURL学校生活 学校ボランティア

南郷図書館読み聞かせ

6月17日(木),今年度も南郷図書館の職員の方が3名,子どもたちの昼休みの時間に合わせて読み聞かせに来てくれました。会場の多目的ホールには,低学年から高学年までの子どもたちと先生方,およそ60人ほどが集まり,読み聞かせを楽しみました。


 
まず1冊目の絵本は「よかったねネッドくん」というお話でした。

 
ネッドくんに「ラッキー」なことと「ヒエェ~」なことが次々と起こります。

 
 
読み聞かせをしている図書館の方の動きに合わせて,子どもたちも一緒に「ラッキーポーズ」や「ヒエェ~ポーズ」をつくりながら,楽しいお話を聞きました。

 
2冊目の絵本は「ねえさんの青いヒジャブ」というお話でした。「ヒジャブ」というのはイスラム教徒の女性が頭を覆い隠す布のことです。

 
少し難しいお話かと思ったのですが,外国語学習(国際理解教育)や多様性について考える学習をした経験からでしょうか,思った以上にしっかりとお話を聞いていました。

東京オリンピックが近づき世界中からいろいろな国の人がやってくるかもしれません。日本人と外国人の衣服や生活習慣,考え方などの違いを考えてみる機会に…と,図書館の方々は「世界の民族衣装」「イスラームってなに?」「世界の国ぐに大冒険」「せかいの図鑑」「世界がぐっと近くなるSDGsとボクらをつなぐ本」等も紹介してくれました。

 
これに食いついたのが6年生でした。「SDGsは知っています。」「この前勉強しました。」「スコットランドの民族衣装は男の人がスカートをはくんですか?」等,休み時間終了のチャイムが鳴るまで,本を見ながら「知識」を確認したり,新たに仕入れたりしていました。

今日が1回目で,このあと7月,9月,11月,12月,そして2月と年間6回の読み聞かせを予定しています。とてもありがたいことです。本のまち八戸では読書推進に取り組んでいます。まもなくマイブッククーポンも配付されることになっていますので,この機会に図書館や本屋さんに出かけ,親子でお気に入りの本を探してみてはいかがですか?
2021/06/18 09:00 | この記事のURL学校生活 学校ボランティア

南郷図書館読み聞かせ④

1月14日(木),3学期が始まって2日目ですが,さっそく南郷図書館の職員の方が,子どもたちの昼休みの時間に合わせて読み聞かせをしに来てくれました。今年度,実に4回目…本当にありがたいことです。
今回も,低学年から高学年までの子どもたちと先生方,およそ60人ほどが集まり,読み聞かせを楽しみました。

 
今回は2月の節分を先取りし,鬼に関係のある本と紙芝居を読み聞かせていただきました。

 
一つ目のお話は,五味太郎さんの絵本から「だれでも知っているあの有名な『ももたろう』」です。
私たちのよ~く知っている「ももたろう」のお話と同じような…,違うような…。ちょっとハチャメチャな展開のおもしろいお話でした。

 
二つ目のお話は,「せつぶんとおに」というお話の紙芝居です。
鬼たちは節分に巻き寿司を食べようと人間の家に忍び込みます。すると……。鬼たちの年齢もわかっちゃう楽しい(?)お話でした。
 
そのほかにも「せつぶんだ まめまきだ」という絵本や,外国の鬼のお話「ザ レインボウ ゴブリンズ」,鬼ではないけど…「ゆきのうえ ゆきのした」という絵本など,おすすめの絵本を紹介していただきました。

 
1月,2月は雪や強風,低温等で外で遊ぶことができない日も多いかと思います。
「いつも手元に一冊の本を!」
たまにはゲームを封印して読書に取り組んでみるのもいいですね。
2021/01/14 15:00 | この記事のURL学校生活 学校ボランティア
8件中 1~4件目 1 | 2  次へ>>