南郷小学校のブログ

国語の授業

4年生の読み聞かせ

6月28日(火)に,4年生が1年生を教室に招いて、「絵本の読み聞かせ」を行いました。4つのグループに分かれて、それぞれお気に入りの絵本を読み聞かせました。

 
今回読み聞かせに選んだ絵本はそれぞれ,「へんしん かいじゅう」「へんしん マーケット」「じぶんだけの いろ」「ノラネコぐんだん おすしやさん」です。

  
へんしんシリーズは,同じ言葉を何度も繰り返すとあら不思議…怪獣の名前に聞こえたり,スーパーの商品が違うものに変身してしまうというお話。言葉のリズムと変化が楽しい絵本です。
 
 
「じぶんだけの いろ」は動物にはそれぞれ自分の色があるけど,行く先々で体の色が変わってしまうカメレオン,どうしても自分の色が持てないと悲しみますが…ちょっぴり心温まるお話です。

 
「ノラネコぐんだん おすしやさん」は,ワンワンちゃんの回転寿司屋さんをのぞいたノラネコぐんだんが引き起こす,奇想天外なできごとが楽しい絵本です。

 
どんな絵本を選んだら1年生に喜んでもらえるか一生懸命考え,班の仲間と相談して,読む絵本を決めたようです。

絵本を読んでもらった1年生からは「おもしろかったです。」「楽しかったです。」という感想が発表されました。一方4年生は,「1年生にわかりやすいようにゆっくり読むことができて良かった。」「登場人物の気持ちになって読めるようにがんばった。」など、初挑戦の「読み聞かせ」について感想を発表していました。

2022/06/30 15:30 | この記事のURL交流学習 国語の授業

書き初め

今週は書き初め週間となりました。1月17日(月)から,3年生以上の学年では,各学級ごとに書写の学習の時間に「書き初め」にチャレンジしました。

 
 
まず最初にチャレンジしたのは3年生,床に広げた条幅紙に初めて手にする大きな筆で「友だち」と書きました。初めての経験に緊張するかと思いきや,なかなか大胆不敵な3年生でした。

 
 
次は6年生。「将来の夢」と書きました。将来叶えたい夢を書き初めの文字に託し,丁寧に描き上げていました。出来上がった作品は個性豊かで芸術的なセンスにあふれる作品でした。

 
 
18日(火)には,4年生が「明るい心」と書きました。人数が多いため,ホールいっぱいに広がって習字道具と新聞紙を広げ,思った以上に大胆に筆を運んでいました。

 
 
20日(木)は5年生が「新しい風」の文字に挑戦しました。全員が集中して「書」に向き合い,「字形」「止め」「はね」「はらい」等,細かいところにまで注意しながら,真剣に取り組みました。

  
  
6年生の作品を何点かご紹介します。3枚の清書から提出用のお気に入りの1枚を選び,名前を書いていましたが,名前でまた一苦労…。条幅紙のどこに,どれくらいの大きさで書けばいいのかイメージをつかみきれず,作品と重なってしまったり,文字が潰れてしまったりした人もいたようです。やっぱり慣れるって大事ですね。
2022/01/21 16:30 | この記事のURL国語の授業
2件中 1~2件目