南郷小学校のブログ

総合的な学習

ネット安全教室

昨日12月17日(木)に,4年生,5年生を対象にネット安全教室を行いました。
すでに私たちの生活とは切っても切り離すことができないインターネットですが,使い方をちょっと間違えると,事件や犯罪に巻き込まれたり,自分自信を,あるいは周りの大切な人たちを傷つけてしまったりするなど,取り返しのつかない事態につながりかねません。

インターネットを上手に活用するために気をつけなければならないことはどんなことなのか,今年もNTT東日本青森支店様より講師をお招きして勉強しました。

  
「インターネットを正しく安全に使うために」というテーマで学習した4年生…。

 
インターネットでどんなことができるのか,メールやライン,オンラインゲームなど,ネットを利用するとき,どんなことに気をつける必要があるのか等について学びました。

 
5年生はインターネットの中でも,今後子どもたちが頻繁に利用するようになるであろう,SNSに焦点を当てて学習を行いました。

  
 
どちらの学年にも共通していたことは,①目の前に相手はいないけど人と人とのやりとりであり,世の中にはいい人もいれば悪い人もいるということ。②勘違いされないよう言葉遣いに気をつけて、相手を思いやる言葉で丁寧に書くこと。③個人情報は絶対に書き込まないこと。④書き込みの内容や情報をそのまま信じてはいけないこと…などでした。

インターネットはとても便利なものですが,上手に利用するためには正しい利用の仕方を身につけることが大事なんですね。


2020/12/18 16:00 | この記事のURL特別活動 総合的な学習

4年生そば打ち体験

12月2日(水),4年生が山の楽校で,「そば打ち」体験をしてきました。

 
4年生の「そばづくり」は7月の夏休み直前に種蒔き,10月1日に刈り取り,28日に脱穀と,これまで「そば」の栽培を順番に体験してきました。そしてこの日は自分たちで育てたそばを打って,実際に食べてみるという「最後のお楽しみ」の体験学習です。

 
最初に「こね鉢」にそば粉を投入。「コップの6割くらいの水を回しかけるよ。」「そしたら,指の腹を使ってそば粉全体に水が行き渡るように混ぜ合わせましょう。」

  
「残った水の半分を加えて…。」「残りの水を全部入れて…。」という指示に従いながら,そば粉をこねてこねて…お団子状にします。次に,のし板に打ち粉をして,厚さ1㎝くらいの円盤状になるよう少しずつ押しつぶしていきます。

  
「次は麺棒を使って円盤状のそばを少しずつ押し広げるよ。麺棒を押して,引いて,そばを30度回転させます。」「はい,これを直径が25㎝くらいになるまで繰り返していくよ。」さらに,麺棒に巻きながら少しずつのばしていくと,あら不思議…丸かったはずのそばが,いつのまにか四角になっていました。

  
「まな板の上に打ち粉をして,そばを4つに折りたたんだら駒板をのせて,麺切り包丁でそばを切りますよ。太さは2㎜が目標です。」

  
「立ちひざの姿勢で,上からまっすぐ包丁を。包丁をちょっぴり傾けて駒板を2㎜ずらすんだよ…。さあ,うまくできるかな?」「できました~。結構うまくできた。」という声の中,「きしめん?」という声がどこからともなく…。気のせいだったかなぁ?

茹でるのは山の楽校の方々にお願いしました。茹で上がるのを待ち遠しそうにしていた子どもたちは,そばが目の前に出てくるとキラキラと目を輝かせていました。

 
「いっただっきま~す♡」「すっごくおいしいで~す♡」…あちらこちらから笑顔があふれていました。「挽きたて」「打ちたて」「茹でたて」の,一番おいしいそばの食べ方だもん,そりゃあおいしいよねぇ。ましてや自分たちで一から作ったおそばとなると,これ以上ないお味でしょう?!

 
「やっべ~。唐辛子入れすぎたぁ~!!」なんて声も聞こえてきたとか,来ないとか…。

さっき給食を食べたばかりのはずなんですが,「おかわりはないんですか?」「もっと食べたいです!」「あと3杯は食べられます!!」等,主に女子から,次々と『まだまだ食べたいんだよアピール』がありました。とっても残念だけど,今日は1人1杯で…何とか勘弁してください。

  
時間の関係で順番が逆になりましたが,食べ終わった人から石臼を使ったそば挽きを体験しました。ゴロゴロと石臼を回すと,横から挽かれたそば粉が出てきました。一同「おぉ~っ!!」

 
石臼を引いて,最初に出てきたそばの粉をふるいにかけたものが「一番粉」,ふるいの中に残った粗い粒をもう一度石臼でひいてふるいをかけて,できたそば粉が「二番粉」…などなど,山の楽校の先生からおそばや石臼のお話を教えていただきました。

山の楽校のみなさん,今日まで最高に楽しく学習することができました。数々の貴重な体験をお世話くださり,本当にありがとうございました。


2020/12/04 10:40 | この記事のURL総合的な学習

4年生・そばの脱穀

10月28日(水)に,今月1日に刈り取って自然乾燥させておいた「そば」の脱穀を行いました。今回も「山の楽校」の先生にお越しいただき,そばの脱穀についてご指導いただきました。

  
まずは駐車場にブルーシートを敷き,乾燥させておいた「そば」を運び込みます。ここで登場するのが「まどり」という道具です。木の枝をY字型に加工したもので,これを使って「そば」の束を叩くと,「そばの実」がポロポロと取れてきます。

  
  
最初はみんな調子よくバンバン叩いていますが,やっているうちに気づく…これが意外に重労働!「まどり」を持つ手の握力がだんだんなくなっていき,すっぽ抜けそうになります。一緒に参加したALTの先生も大変さを痛感したようです。本当はそんなに力を入れなくてもいいんですけど…。

 
 
  
実がとれたら「ふるい」にかけて大きなゴミを取り除きます。2人で作業する大型の「ふるい」は持ち手がないので前後左右に振っているうちに落としそうになってしまうことも…。

  
  
続いて登場するのは「唐箕(とうみ)」という機械。ハンドルを回すと羽の板が回転して風を起こし,そば殻や未成熟の軽い実などを吹き飛ばすことで,「そばの実」を選別する道具です。子どもたちは楽しそうにハンドルをぐるぐる回していましたが,あんまり速く回しすぎると大事な「そばの実」まで吹き飛ばしてしまうので気をつけて…!

今年は例年よりたくさん収穫できたようで,子どもたちが作業を終えた後も,保護者の方々で最後まで選別作業を続けていただきました。たくさんの保護者の方々,地域の方々の御協力をいただき,今年度も無事収穫できました。みなさんの御協力に感謝申し上げます。
おいしい新そばが食べられるのはいつになるかな?とても待ち遠しいですね。
2020/10/30 08:20 | この記事のURL総合的な学習

5年生・米の脱穀

10月26日(月),今日は先月の29日に稲刈りを行ったもち米の脱穀作業を行いました。

「千歯扱き」「足踏み式脱穀機」そして「クボタの脱穀機」を保護者・地域の方々に準備していただき,3つの方法で脱穀体験をしながらの作業となりました。

  
 
あいさつをすませ,まずはお手本を見ながらやり方を確認しました。その後3つのグループに分かれて,順番にそれぞれの機械での脱穀を体験しました。

 
こちらは「足踏み脱穀機」。逆回転になってしまうようなこともなく,みんな上手に作業していましたが,稲(お米)の粒が思うように茎から離れず,きれいに脱穀するのがなかなか大変そうでした。

  
 
こちらは「千歯扱き」。歯の間に稲の束を引っかけて,一生懸命引っ張りました。いっぺんに稲の束から全部脱穀できるととても気持ちいいのですが,その分だけ大きな力を使うので早く疲れてしまいます。子どもたちは少しの力で「楽にゴッソリ!」をめざして,列に並んでいました。

  
最後はディーゼルエンジンで動く農業機械の脱穀機です。簡単で楽にきれいに脱穀できることはいいのですが,子どもたちにとっては間近で大きなエンジン音のする機械には若干の恐怖を感じるようで,ちょっとだけどきどきしながらの体験だったようです。

  
それに,稲の束をどんどん飲み込んでいく機械に,次から次へと稲の束を届けるために大量に運ぶ必要があります。それはそれで楽しいのですが,だんだん疲れてきたりして…。

 
ちょっとだけ,思い思いの息抜きをはさみながら,脱穀作業が続きました。

たくさんの保護者の方々,地域の方々の御協力をいただき,予定より30分ほど早めに作業を終えることができました。みなさんの御協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
2020/10/26 15:30 | この記事のURL総合的な学習
61件中 9~12件目    <<前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>>