八戸市立三条小学校 ブログ
~自分を伸ばそう 三条っ子~

吹奏楽部ミニコンサート

3月12日(金)と15日(月)の昼休み、吹奏楽部の
みなさんが今年度最後のコンサートを実施しました。
二グループに分かれ、入れ替えをしながらの発表。
前半グループの曲の紹介があり、演奏が始まりました。


音楽室には、12日は低学年、15日は中学年と
学年を限定して招待。後ろで見つめています。

入れない子や、他の学年は、音楽室からの配信を
教室で鑑賞です。

前半のグループが終わり、後半のグループにバトンタッチ。

6年生にとっては、これが最後の発表の場となりました。

6年生の卒業までカウントダウンとなった校舎いっぱいに、
すてきな音色が流れてました。



2021/03/17 08:10 | この記事のURL学校生活

学校キャラクター表彰

今日は業間に、テレビ中継による表彰式がありました。
今回もたくさんの子どもたちに賞状が手渡されました。
その後、児童会にバトンタッチ。

運営委員会が企画した学校キャラクターの表彰です。
最終選考に残った10人へ運営委員長から賞状が
手渡されました。



渡された賞状は、このようなステキな賞状です。

そして、大賞をとったのは・・・
「うみねくん」! 三条キャラクターに決定です。

コロナ禍の一年でしたが、子どもたちのアイディアで
つくりあげる、楽しさあふれる三条小学校です。



2021/03/15 14:20 | この記事のURL学校生活

3月第3週スタート

3月第3週となりました。
昨日、東京で桜の開花宣言がありましたが、ここ三条でも
今朝から春を感じる陽気に子どもたちも元気に登校。
5年生の教室では、半そでの子もいます。

金曜日の卒業式に、在校生を代表して参加する5年生。
授業中の態度も立派。心で、よく話を聴いています。

こちらは4年生の様子です。

5年生への準備もバッチリのようです。

3年生も、よい姿勢で学習しています。


6年生にたくさんお世話になった1年生。
「いいこといっぱい」作文集のできあがりのようです。

6年生との思い出も詰まっています。

19日(金)の卒業式に向け、6年生との最後の思い出づくり、
楽しい学校づくりをがんばる三条っ子です。


2021/03/15 10:00 | この記事のURL学校生活

横断幕を届けに

<完成した横断幕>

3月10日(水)、八戸西高校野球部が出発する日。
テレビや新聞でも報道されましたが、全校349名と
先生方のメッセージをのせた横断幕を届けに、
代表児童10名がユートリーに出かけました。
7時30分頃到着した子どもたち。リラックスしてます。

8時過ぎ、いよいよ贈呈式が始まりました。
明るく清々しい三条っ子の姿で望みます。

代表の子が一言添えて横断幕を手渡しました。


西高野球部代表から、お礼の言葉をいただきました。

贈呈式終了後、西高校さんの計らいで、駅構内で
横断幕を広げて、見送りです。

「選手のみなさん、がんばってきてください!」

「みなさんのハツラツプレーを楽しみにしています!」

西高野球部みなさんの活躍を期待しています!

<報道のインタビュー対応もバッチリでしした。>



最後に八戸西高校の校長先生からお礼の言葉を
いただき、無事に大役を果たした10名でした。

卒業間近の6年生に、また一つ、ステキな思い出が
できました。

2021/03/12 06:40 | この記事のURL学校生活

10年目の3.11を迎えて

3月11日(木)、春らしい暖かな日差しが差し込む中、
東日本大震災から10年目の日を迎えました。
<3階廊下から眺めた、今朝の風景>

あの大震災から10年目。
大震災が起きたあの日、2歳だった6年生も、

1歳だった5年生も、

そして、お母さんのおなかの中にいた3年生も、

みんな、みんな、大きく成長して、毎日の学校生活を、
そして、当たり前の生活を送ることの喜びをかみしめながら、
力いっぱいがんばっています。

先日9日の全校集会(放送)で、東日本大震災のことに
ふれながら、防災について話をしました。
その中で、大震災やその後の津波から命を守ることと
ともに、八戸駅からの150人もの交通難民の避難所と
なった体育館で、温かく一生懸命に支援をした三条地区
の方々のことや、当時の子どもたちが岩手に送った手紙
についてもふれました。

<子どもたちの感想から>
〇わたしは日本のみんなで力をあわせて津波と戦ったのが
 すごいと思いました。この話を聞いて、ふつうに生きる
 のは当たり前じゃないとわかりました。何があっても、
 自分の命は自分で守らなきゃいけないと、今日、とても
 そう思いました。
〇遠くのところから来た人が帰れなくなって困ったのを
 助けた三条は、助け合いの三条なんだと思いました。
〇私は、東日本大震災の話を聞いて、地域の人たちは大変
 だったんだなと思いました。もし、また東日本大震災の
 ような地震があったら、自分の身を守りながら、ほかの
 人も助けたいです。
〇私は、東日本大震災はとても大きな地震だったと知りました。
 私は、自分の命だけじゃなくまわりの人の命も守っていきたい
 です。八戸は、とても幸せだたっと知りました。自分の命と
 人の命のつながりをもっと知りたいなと思いました。

子どもたちに、10年前のこと、その後の復興のことなどを伝え、
「絆」をしっかりとつないでいく日にしたいと思っています。



2021/03/11 09:30 | この記事のURL学校生活
515件中 6~10件目    <<前へ  1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>>