八戸市立豊崎中学校

2021年5月の記事

八戸東高校演劇部さんによる芸術鑑賞会

八戸東高校演劇部のみなさんが来校し、本校でミュージカ
ルを上演して下さいました。

演目は「時空のディスタンス」。

リゾート施設建設のために作業をしていた測量士の2人が
山の奥で出会ったのはなんと、あの伊能忠敬と測量隊御一
行。

期日に間に合わせるために数字をごまかそうとしたことを
明かす測量士に伊能先生がこんなことを話して聞かせます。

「わずかなごまかしや省略が、積もり積もって最後には大
きな違いとなって現れる。断じてやってはならない。」

「人は誰でも心の中に地図をもっている。
 一歩ずつ 踏みしめて 歩いて行こう。」



演劇部顧問の玉山緑先生から演目についての説明があり、真剣に耳を傾ける本校生徒たち。

その後の質疑応答では、演劇部の部員のみなさんへ全員で質問を行いました。

「緊張をほぐすには?」「恥ずかしさを克服するには?」

高校生のみなさんも真剣に回答してくださいました。


最後に、八東演劇部が過去に演じた作品より

「学校をつくること」

という曲を演劇部のみなさんと一緒に歌いました。

決まった振り付けはなし。自分で自由に表現しながら歌うことがテーマでした。

自分が伝えたいことを表現するのは難しいことですが
今回学んだことを是非発信していけるといいですね。

大変心揺さぶられる、刺激的な時間となりました。

一歩ずつ。愚直に。



2021/05/31 14:10 | この記事のURL学校行事
1件中 1~1件目