校内研修

これからの道徳授業・・・心情理解理解中心から問題解決、体験型へ

 これまでの読み物教材の登場人物の心情理解中心の授業から、問題解決的な学習、役割演技等を含む体験的な学習へと転換が図られています。本校でもそれらの基本となる、導入・展開・終末の活動をおさえています。
 教科になった道徳の授業は、毎時間新たな取組が必要です。ノートづくりや評価の仕方の研究も大事です。幸い本校から、道徳の研究員がいますので、一緒にいろいろ勉強していきたいと思います。


2018/06/26 13:50 | この記事のURL校内研修

さらに向上するために・・・改善点を明らかにする

 問題解決的な道徳科の授業づくりを行うために、初任者の先生に厳しいことを望みました。それは、今日の授業をするにあたり、事前授業をしたとのこと。事前授業と今日の授業で変えたことがあるとのこと。
 事前と本時がどう変わったのか、なぜ変えたのか等の記録をとるようにお願いしました。事前で【-】と捉えた事項を、どうとらえ、どのように変えたのか、工夫改善しようとしたのかを書き込むことが大事です。若いうちにこのような授業改善を行うことが授業力向上に欠かせません。
 初任者の10年後が楽しみですね。


2018/06/26 13:00 | この記事のURL校内研修

初任者研修・・・研究授業(道徳)

 初任者学級において、道徳の研究授業が行われました。指導教員や校内指導教員を含むたくさんの先生方が、4年3組で行われた道徳科の授業を参観しました。
 「友だちのよさを見つけ、友だちと理解し合い、信頼関係を築いていこうとする心情を育てる」というねらいをもった授業でした。ある友だちに、勝手な思いを抱き、期待していた自分→がっかりした自分→よい友だちになれそう!と変化する場面設定の教材。「どうして変わったのか?」という問題の探究場面が山場でした。指導者は、問題について、ペアやグループなどで、問題をよりよく解決するためにはどのような行動をとればよいのか等について多面的・多角的に考えさせ、議論させたかったのだと思います。残念ながら、一問一答式になったので深めるまでには至りませんでしたが、子どもたちからは、様々な考えが出されました。それは、指導者の板書にも表れています。初任者の板書としては、とても構造化されたものでした。校内研修が充実していることを実感しています。
 研究協議会では、導入の工夫、構造化するための感情カード(ニコちゃんマーク)、時系列表示、吹き出しの活用等、たくさんのよさが発表されました。特別の教科・道徳編の解説書にも記載されていますが、答えが一つでない道徳的な課題を一人一人の児童が自分の問題として捉え、向き合い、つまり「考える道徳」「議論する道徳」への転換を図ろうとする、今まさに求められている道徳科の授業を、若い教師の授業から学ぶことができました。


2018/06/26 12:40 | この記事のURL校内研修

知識・技能の習得・・・教科の見方、考え方を働かせて

 小中野小児童につけたい力は、3つです。①知識・技能の習得、②思考力・判断力・表現力等、③学びに向かう力・人間性。新学習指導要領で示されたいわゆる3つの柱のことです。
 昨日の2年の国語の授業では、獣医の仕事を題材にした説明文の読み取りでした。獣医とのかかわりは、生活科の学習において少しあります。モルモット等、動物との関わり方、接し方、心臓の音、6年くらいの命・・・。結構学びます。
この学習を通して、獣医の仕事に興味をもち、様々な動物の治療をしていること、病院で診察したり、動物園や水族館等で関わったりしていることを知るでしょう。このような知識が、今回の説明文の読み取りに関連してきます。
 獣医さんへのお礼の手紙の中には、大事な気づきや知識習得につながる表現がたくさんありました。
 これからの学習は、一つの教科で3つの柱の資質・能力を育成するのでなく、いろいろな教科の学習を通して、その教科の見方・考え方を働かせ、成長しながら、3つの柱に示された資質・能力の育成を図っていくことになります。
 県の研究指定は、この3つの柱に迫るために、「主体的」「対話的」「深い学び」という視点で授業改善していく研究を進めていくことになります。


2017/09/21 10:40 | この記事のURL校内研修

校内研修・・・2年「どうぶつ園のじゅうい」

 昨日の5校時、2年2組で研究授業を行いました。国語「どうぶつ園のじゅうい」という説明文の第6時、はぐきのはれているワラビ―への治療をしている場面を扱っていました。国語の授業ですので、叙述に即して読み取っていきます。2年生のねらいは、「大体を読み取る」ですので、細かすぎる読み取りでは、一問一答式になってしまい、卓球式の授業になってしまいます。「たんぽぽんのちえ」など、これまで学習してきた説明文の知識・技能、思考力・判断力。表現力を活用して、自力で大事な事柄を読み取る、それを他の児童と交流して、より深い読み取りへと進めていく授業が求められています。
 写真の場面は、深い読み取りのために、動作化・劇化している場面です。お遊びにならないように配慮しながら、このような活動も取り入れながら授業を進めていました。
 成果と課題については、研修集録にまとめていきます。
 2年2組、頑張りましたね。


2017/09/21 09:50 | この記事のURL校内研修

来年度に向けて


今日は、今年度最後の校内研修の全体会を持ちました。
「学ぶ楽しさを感じる授業」に向けた、今年度の取組を振り返りながら、来年度の計画を審議しました。


2017/03/08 15:20 | この記事のURL校内研修

学級会 2年生

授業研究会が、2年生で行われました。
子ども達は、大きな声で訳をはっきりつけて自分の意見を発表していました。


2017/02/17 09:50 | この記事のURL校内研修 教育活動

生活科・総合的な学習の時間報告会

今日の校内研修は、生活科・総合的な学習の時間に各学年で取り組んだ内容の報告会でした。
体験的、探究的活動を通して児童が課題を見つけ、主体的に取り組んだ事例を紹介していました。



2017/02/15 15:20 | この記事のURL校内研修

今年度のまとめ


「学ぶ楽しさを感じる授業」をめざして、今年度は外部から指導助言の先生をお招きして、6回の授業研究会を行いました。
全体で、確認した後、低・中・高学年のブロックに分かれて、成果と課題を確認しました。


2017/01/18 15:40 | この記事のURL校内研修

個別の授業研究の話合い


今日の校内研修では、個別の授業研究について3つのグループに分かれて話し合いました。


2016/11/30 15:20 | この記事のURL校内研修
52件中 1~10件目 1 | 2 | 3 | 4 | 5  次へ>>