県外研修報告会・・・すぐ実践できること、やがて生きて働くこと

 「平成29・30年度新しい時代を主体的に切り拓く小中学生育成支援事業」の研究指定校として、校内研究のテーマに基いた授業を通した実践研究も行ってきました。それに加え、県外研修もかなり行いました。今日の校内研修は、その報告会でした。
 6名の先生方が秋田県大仙市の小学校、秋田市の小学校の授業参観、研究会参加し、秋田県が県をあげて取り組んでいるメソッドを学びました。筑波大附属小公開へ3名、横浜国大附属小へ2名、国語科の全国大会へ1名・・・。
 秋田県や京都市の指導主事や先生方からたくさんの事例、実践例をいただくことができました。今日はその一端を紹介し合いました。明日からすぐ実践、授業で生かせることもたくさんありました。自分で実践を積んでいき、やがて授業力・実践力となるであろうヒントもたくさんありました。
 スライド発表、模擬授業的発表、資料発表など、工夫した県外研修報告会でした。


2018/02/21 18:10 | この記事のURL授業改善実践研究校