学力向上フォーラム・フェスタ2017・・・県総合学校教育センターで開催

 あおもり教育フェスタ2017が、11月24日・25日と二日間開催されます。1日目は、学力向上フォーラムとして、『新しい時代を主体的に切り拓く小・中学生育成支援事業』の指定を受けた県内6校が、成果を発表し合いました。本校を含め3校が、今年度は研究成果発表という形で参加しまし、11月までの取組の様子と成果と課題について説明してきました。参会者からは、児童の発表・伝え合う段階において工夫・配慮していること、講じた手立て等についての質問が寄せられ、11月1日の公開研究発表会において、早稲田大学の藤井教授より指導・助言いただいた内容を少し披露させていただくことができました。詳細は今後作成していく研究のまとめをご覧ください。
 残りの3校は、教育センターに児童を引率し、センターの講義室での授業公開を行い、授業を通して、各校の取組の重点や授業改善の手立てを紹介していました。授業に関する協議会は時間的に設定が難しいので、参観者が授業の感想を付箋に書き出し、拡大した指導案に添付する形式をとっていました。付箋を読み合うだけでも、参考になります。例えば、道徳の授業での教師の発問、意図的に児童の思いと反対なことを述べ、葛藤場面を引き出そうとしていたこと等、大変参考になりました。
 30年度は、本校児童を青森へ引率、授業公開となります。
 その他、研究の発表、山梨県の実践事例等、勉強になりました。


2017/11/24 15:30 | この記事のURL授業改善実践研究校