対話的な学び・・・目指す子どもたちの姿は?

 2時間目、5年1組で算数「面積」ひし形の面積を求める方法をいろいろ出しあい、最終的に公式化を図る授業でした。ペア学習でお互いの情報交換をし、さらに、4名のグループで情報交換を。
 「ぼくは~と考えて~の式にあらわした」「わたしは、ここの三角形をこっちに移動させ~と」・・・。他者の考えとの違いに気づき、質問したりしていました。
 4人組では、「~まではわかったけど、どうして12を使ったのか」「12がどこから出てきたのかわからない。」互いの思いや考えを納得するまで説明したり、聴き合ったり、分かり合おうとしていました。
 子どもの姿を見取ることが大切です。


2017/10/17 17:30 | この記事のURL授業改善実践研究校