1年校内研の算数授業・・・3台のカメラとピンマイク、集音マイクを駆使して

 今日の1年2組算数「おおきさくらべ」の第1時の授業は、特活「チャレンジランキングをしよう」との関連・合科的な扱いでの算数授業の提案でした。①ひもひもコーナー、②空き缶積みコーナー、③線路つなぎコーナー、3コーナーを体験する活動を通して、紐の長さ、缶の高さ(同じ大きさの缶)、線路の長さ(長さの違うものの合体)を体感し、しかも、どちらが長いかを競う活動ですので、長さを判定するためには、測定の仕方を明確にしなければなりません。必要感を持たせた活動の中から、ア:はしをそろえる、イ:まっすぐにする(直接比較)ウ:何か使ってくらべる(間接比較)、エ同じ大きさのもの、いくつぶんで比べる(任意単位比較)について、子どもたちが見い出していく授業でした。
 今日の授業45分を1本のビデオに編集してもらいます。授業者の声、発問はピンマイク、子どもたちの声は集音マイクで拾っています。
 その後、今日の授業でアピールしたいこと、①前時の算数日記の困ったことを発表から「同じ個数なのに長さが違う(1つ分が違うので)はミステリーだ!」という子どもの問いを引き出したこと、②3コーナー設定による合科的な扱いから、児童自らが長さを測定する際の留意点を見い出したこと、③ホワイトボードに児童がまとめたことをもとに、学習のまとめができたこと、④算数日記を書かせ発表させたことにより、授業を振り返り、次の時間に解決したい内容が明確になったこと。この4点に焦点化したショート動画の作成も行っていきます。成果と課題について、動画でアップしていく予定です。


2017/09/27 15:20 | この記事のURL授業改善実践研究校