校内研修・・・2年「どうぶつ園のじゅうい」

 昨日の5校時、2年2組で研究授業を行いました。国語「どうぶつ園のじゅうい」という説明文の第6時、はぐきのはれているワラビ―への治療をしている場面を扱っていました。国語の授業ですので、叙述に即して読み取っていきます。2年生のねらいは、「大体を読み取る」ですので、細かすぎる読み取りでは、一問一答式になってしまい、卓球式の授業になってしまいます。「たんぽぽんのちえ」など、これまで学習してきた説明文の知識・技能、思考力・判断力。表現力を活用して、自力で大事な事柄を読み取る、それを他の児童と交流して、より深い読み取りへと進めていく授業が求められています。
 写真の場面は、深い読み取りのために、動作化・劇化している場面です。お遊びにならないように配慮しながら、このような活動も取り入れながら授業を進めていました。
 成果と課題については、研修集録にまとめていきます。
 2年2組、頑張りましたね。


2017/09/21 09:50 | この記事のURL校内研修