5月のブログクイズ結果


5月26日の問題は、「この黄色いもようは、どうしてできたのでしょうか。」でした。9人が、自分の考えを届けてくれました。
どうしてだろうと、自分で考えることが、とても大切です。これからもがんばってください。

 今回のクイズの解答を考えるとき、花粉なのか黄砂(中国から飛んでくる砂)なのか迷うところです。
そこで、ヒントとして顕微鏡で見た写真を付けて、黄色い粉が「松の花粉」であることを示しました。

今回は、雨水により1か所に集まった花粉が、水たまりの周囲に広がった状態で、水が蒸発して痕ができたという内容になっていれば正解です。

これが、前日(水が蒸発する前)の様子です。






ベストアンサーに選ばれたのは、3年1組の田中雅姫さんです。

雅姫さんの解答を紹介します。(ひらがなを漢字に直してあります)
「花粉は、風が強い日や天気が良い日に風に乗って飛んできます。だけど花粉が飛んできたまま雨が降り始めると、水たまりができます。それから後が分かりにくいので、家で小麦粉と水道水を使って実験してみました。
 まず、小麦粉をテーブルに置いて息をかけると飛んで行ってしまいます。次に、雨が降ったときの実験です。息を吹きかけてもびくともしません。だから、雨が降って水たまりができて、小麦粉が沈んだりして風に飛ばなくなります。」

雅姫さんが、考えたことを実験して試したところが、素晴らしいなとおもいました。



5月26日の問題です
















朝の駐車場(ちゅうしゃじょう)のようすです。

あちらこちらに黄色い、もようができていますね。

ここで、ブログ クイズです。
「この黄色いもようは、どうしてできたのでしょうか。」

こうじゃないかなという考えを書いて、担任の先生をとおして
校長先生に届けてください。

ヒント

もようを近くで見ると、たくさんの黄色い粉でした。

その粉を顕微鏡で見ると、                     (400倍)


丸い粒に、ふくろのようなものが2つついています。

これは、松の花粉です。

黄色い粉の正体は、松の花粉だったのです。

すてきな賞品がたくさん用意してあります。
応募資格があるのは、小中野小学校の児童のみなさんです。
がんばって、考えてみてください。



2016/06/27 17:30 | この記事のURLクイズ マグネット